#卓球との出会い

0

小学生の頃は、野球やサッカー三昧で卓球というスポーツをしりませんでした

そんなある日

幼馴染(Tくん)の家へ遊びに行くと、見たことのないテーブルが庭に置いてあり

おじさんがネットを張っていました。

スポンサードサーチ

衝撃は小学4年生の時

準備が終わると友達とおじさんが見たことのない道具で【卓球】をやって見せてくれました。

面白そうだなと見ていると、おじさんが道具を貸してくれて【打ってみな】とニヤニヤしながらラケットを渡してくれました。

ありがとうと言っていざボールを打ってみると、当たらない!!

いつも草野球で結構打っている方だったのでものすごいショックだった事は今でも覚えています。

結局、幼馴染とおじさんの卓球を見るだけしか出来ずにめちゃくちゃ悔しい思いだけでその日は帰りました。

翌週も遊びに行くと卓球台を準備していたので、今度こそ当ててやると息巻いてがんばりましたが、ちょっと当たるだけであとは空振りばかり

余りの悔しさにその日の晩から素振りの練習し始めました。

そうこうしていたら、別の友人(Yくん)も同じ時期に卓球に目覚めましたw

理由は同じなのですが、Tくんは学校ではあまりスポーツで目立った感じではないのに卓球に関しては【勝てる気がしない】Tくんは勉強が出来る子だったので勉強で負けるのは悔しいですが認めることは出来たのですが、スポーツで負けた事がなかったのでTくんにボロボロに負ける【卓球】で絶対に勝ってやる!!

これが僕が卓球にのめり込んでしまったスタートですw

今思えば、屋外卓球なんてめちゃくちゃ難易度が高い練習を4年生から6年生まで繰り返していましたw

多少の雨や風は子供だった僕達には関係なく、本当に楽しく思いました。

小学6年生の夢

僕が抱えた夢は【卓球のプロ選手になる】

4年生までは野球選手だったのに、出会いは人の人生を変えるんだなと子供ながらに感じました。

中学生になり部活動はすぐに【卓球部】へ入部しました!!

これでプロへの道をひたすらにがんばるぞと息巻いていました。

スポンサードサーチ

初の公式戦

入部して初めての公式戦に出場しました。

結果は2回戦敗退。

相手はクラブチームで5年生から活動している子でした。

プロ選手になる夢を抱えた僕には本当にショックな出来事でした。

部内でも1年生では2番手の選手だったので、大会も優勝か準優勝は行けるだろうと世の中を甘くみていました。

ここから練習に熱がはいり日曜日で部活がやっていない日は

すこし遠い所に半日50円で卓球が出来る体育館があるので友人達とチャリを飛ばし片道40分ぐらいの所まで卓球の練習を朝9時から夕方6時ぐらいまで自主練をしたり

Tくんのおじさんから紹介を受けて【クラブチーム】への加入もすることが出来て卓球の環境は最高な状態でした。

夢破れる

ある日【クラブチーム】に小学4年生の子が現れました。

僕は中学2年生の時です。

その子は同じクラブチームの友達の弟でした。

卓球を始めて約3か月だったのですが、センスが良いのでお父さんが連れてきたそうです。

小学生の相手を中学生がする事になっていたので、その子と練習をする事になりました。

フォア、バック、ツッツキ、サービス、ドライブ、スマッシュ

必要な技術をほとんど備えている子でした。

話の流れで、練習試合をする事になりました。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

結果

ゲーム 0 - 2 で完敗

始めて3か月の子にボロボロにやられてしまいました。

正直、プライドがボロボロになる感覚が今でも忘れられません。

それまでは、たくさんの練習の成果で大人にも勝つ時がありました。

それを3か月の子にボロボロにやられる。

腐っても卓球が好きでしかたがない

こんな実力ではプロなんか夢のまた夢のさらにまた夢でしかない。

そんな時にあの【水谷隼くん】と練習をする機会がありました。

何度か水谷隼くんのお兄さんとは同級生という事もあり練習試合をして

負けっぱなしでした(汗)

噂で【弟】の方がバケモンみたいに強いと聞いていたので

どんだけバケモノなんだろうとフリー練習をしました。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

結果

これがプロを目指す人の実力か

本当の意味でプロを目指す人の強さを思い知らされました。

昔CSテレビで見ていた、プロの選手の方達の技術を目の前で実施される

思い描いた卓球を目の前の年下の子が実践している。

自分の志の低さを思い知らされました。

そんなこんなで

今の自分がいます!!

プロは諦めてしまいましたが、卓球を辞めたわけではありません。

あのバケモノだと思った【水谷隼選手】それを打ち破る【新世代】

卓球がどんどん進化して今や国内初のプロリーグ【Tリーグ】発足!!

今後日本卓球がどんどん進化・進出する世界

僕も小さいながらでも【卓球】の発展のお手伝いが出来るのならばと

先日、卓球の専用YouTubeチャンネルを発足しました!!

プロ選手でなくても卓球界へ貢献できる時代

YouTubeというプラットフォームは

【好きを仕事に!!】

これを無料で行う事が出来ます!!

僕は【卓球】というスポーツで仕事がしたいと思っていました。

しかし、求人は身近に無く

気軽に転職も出来る状況ではありません。

そんな僕でもYouTubeがあれば【卓球】で好きなように仕事が出来ますw

収入になるならないは、実力次第ですが今後世界中のだれかに

卓球のすばらしさを伝える事が出来れば【幸い】ですw

合言葉は【卓球やろう!!】

初投稿!!クラブ発足の第一歩!!【そうだら卓球部】
0

コメント