1級自動車整備士の勉強を再開。やっぱり難しい。

この記事は約3分で読めます。

WRCのレースメカに憧れた達也です。

1級自動車整備士とは

1級自動車整備士は、国家資格である自動車整備士の中で最上級の資格です。

現在、整備士として仕事を行う上では、2級自動車整備士の資格を持っていれば分解・整備・修理を含めた自動車に関わる一般的な整備全般に携わることができます。しかし、1級自動車整備士を取得すれば、さらにハイレベルな整備士としての役割を果たすことが可能となります。

まず、現場においては豊富な知識と技術経験があるため、ほかの整備士・工員のアドバイザーとなって、指導する立場になります。
また自動車にまつわる環境保全や安全管理について高い意識を持ち、ユーザーに対して整備技術のコンサルティングを含めた、啓蒙活動を任されることもあります。このほか、自動車の仕組みの変化に応じて、最新の電子制御技術やハイブリッド車、電気自動車の故障診断に精通していることも求められます。会社によっては、この資格を持っていることで資格手当が付くことがあります。

なお、1級自動車整備士には「1級大型自動車整備士」「1級小型自動車整備士」「1級二輪自動車整備士」の3種類がありますが、平成28年度現在まで1級大型自動車整備士と、1級二輪自動車整備士の資格取得(国家試験)は行われていません。よって現状、1級自動車整備士の資格と言えば1級小型自動車整備士のみを指すのが通例となっています。

東京自動車大学校

現在、自動車検査員として車検業務をメインで働いていますが

ぶっちゃけ

ど つ ま ら ん ! !

整備士としての墓場ですね

「準公務員」とか死の宣告ですね( ´∀` )

ちなみに自分の技術はかなり雑魚なのですが

そんな雑魚な技術でも重宝されるお店にいます。

正直、このままこの中にいたら成長は皆無

今の会社は上手に使わせて頂いて、即刻退散。

上手に使う中で重要なのが、資格支援

入社当時は全額自己負担だったのに、時代が変わったら1回は全額負担してくれるそうです。

だったら、この制度を利用して整備士の最難関「1級自動車整備士」を合格して

1級の称号を手に入れた後に「バイバイキン」しようと計画を始めました。

僕が唯一出来る勉強方法は専門学校時代にお世話になったサイトを使う事です。

また、こちらのお世話になるとは思いもしませんでした。

正直、一級の内容は難しいので意味はまだまだ不明ですが、毎日1回過去問をやっています。

3日目にして答えを暗記し始めて合格ラインに立ちました(∩´∀`)∩

とは言え、答えを覚えているのでこれから理由との照らし合わせをして

しっかりと学びに変えて行きたいと思います。

絶対に一発合格をして

自分の人生を切り開こうと思います。

それでは、また!

( ´Д`)ノ~バイバイ

スポンサーリンク
ブログ
達也をフォローする
主夫メカニック ブロガー×YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました