N-BOXのブレーキ鳴きが気になる件

この記事は約3分で読めます。

ブレーキ鳴きの原因

ブレーキ鳴きの原因は多岐に渡り存在します。

ブレーキパーツメーカーのDIXCELさんが本当に分かり易いブレーキ鳴きについての講座をホームページに惜しげもなく情報開示していますので、是非みて下さい。

5ステップで完了

1ステップ・・・ブレーキの外観点検

ブレーキパッドやシムがしっかりと取り付けてあるか?

キャリパーボルトは全て締まっているかを確認してください。

このクルマはブレーキパッド鳴き防止の為にリターンスプリングが付いています。

2ステップ・・・エアブロー

ブレーキシステムの清掃をします。

汚れがあると原因がわかりづらいので、大きな汚れはエアブローで飛ばしてください。

身体にはよろしくないのでマスクは装着しましょう(。-`ω-)

3ステップ・・・パッドとローターの相性診断

ブレーキパッドとディスクローターの当たり具合の確認をしてください。

ローターに段付き摩耗がある場合はローター研磨・交換が必要になります。

4ステップ・・・エッジ処理

ブレーキパッドの面取りを少し実施しました。

面取りは個人的に好きでは無いですが希望があれば実施しています。

5ステップ・・・グリースアップ

ブレーキパッド、キャリーパースライドピン、パッド摺動部を清掃・グリスアップを行ってください。(グリスで手がベタベタになるので写真がありません。)このような事があるので「アクションカメラ」が欲しい今日この頃。

使用したブレーキ鳴き止め用のグリスです。

作業は以上です。

ブレーキメンテナンスのビフォーアフター

動画にまとめたのでご覧ください。

N-BOX ブレーキの音が気になる時の整備

いかがでしょうか?

ブレーキの動きが全然違いませんか?

この少しの違いがあの嫌な「キーキー音」に変わるのですよ( `ー´)ノ

DIYでやるには心配だと思いますので、いつもお願いしているメカニックさんへ

きっちりとメンテナンスをして貰ってください。

工賃は¥3,000~5,000円ぐらいだと思いますが、やる価値はありますので(。-`ω-)

もしかしたら、メーカーから対策品が出ているかもしれませんので

部品商さんへの確認も重要です(`・ω・´)b

そして

整備動画を撮るならアクションカメラが欠かせない事を体感しました。

安物でも良いから買ってみて試してみようと思います。

このブログでは「ちょっとしたメンテナンス」を紹介しているので

是非、他のページもご覧ください。

それではまた!

スポンサーリンク
クルマ
達也をフォローする
主夫メカニック ブロガー×YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました