そうだ!1級整備士になろう!第一章「電気回路」Vol.03-04

学びの部屋
0

スポンサードサーチ

内部抵抗の影響[1]

たっちん
たっちん

本日の勉強を開始します。

H25.3に出題された問題を解いてみようと思います。

デジタル式サーキット・テスタに関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

たっちん
たっちん

前回の問題と逆の問です。

4つの設問をしっかりと読み解いていきたいと思います。

スポンサードサーチ

1)平均値整流実効値校正式デジタル・テスタは、交流電圧及び電流の平均値を測定し、それに一定の値(波形率)を掛け合わせることによって、実効値を算出する方式で、測定する交流電圧が正弦波であることを前提に実効値の表示を行っている。

たっちん
たっちん

これは以前勉強した「交流測定方式」の項で学んだ事だ!

それなら設問の内容で間違いないので「適切」!

2)クレスト・ファクタとは、デジタル・テスタがもっている交流波形に対する測定能力を示すもので、交流測定時、交流波形の波高の最大値(P)と実効値(RMS)との比(最大値/実効値)を係数で示しており、正弦波の場合、「P/P/√2=√2≒1.414」という式で求められる。

たっちん
たっちん

これも設問通りの内容なので「適切」

スポンサードサーチ

3)電源電圧が12Vで、抵抗値2MΩの抵抗2個を直列に接続した回路において、片方の抵抗の両端に内部抵抗10MΩのテスタを接続したとき、計算で求められるテスタの表示値は約5.454Vになる。

たっちん
たっちん

計算問題のお出ましだ!

今日は間違えないぞ(`・ω・´)b

毎度おなじみの合成抵抗を求める。

2MΩの抵抗とテスターの内部抵抗10MΩの合成抵抗
たっちん
たっちん

次は全体の合成抵抗

合成抵抗Rと2MΩの直列接続回路の合成抵抗
たっちん
たっちん

次はこの回路の電流を計算します。

回路全体の電流値
たっちん
たっちん

最後に電圧計の指示値を計算します。

電圧計の電圧指示値の計算式
たっちん
たっちん

設問と同じ「約5.454V」になった!

よって「適切」となる。

4)テスタの電流電圧表示値が2.0000Vのとき、直流電圧計の性能表に記載の確度が5Vレンジで「0.025+5」と表記されたテスタの実際の測定値は、1.9495V~2.0505Vの範囲になる。

たっちん
たっちん

始めは意味わからなかったこの問題だけど、最近は好きになってきたw


readingは2V×0.025%=0.0005Vでdigitは0.0001V×5=0.0005Vとなるので

合計は0.0005+0.0005=0.001Vとなる。

範囲の計算は2.0000V-0.001V=1.999、2.0000V+0.001V=2.001V

範囲は1.999V~2.001Vの範囲になる。

よって「不適切」となる。ので今回の問題の答えは(4)となる。

スポンサードサーチ

オススメ本のご紹介

仕事に関する悩みはとても根深いと思います。特に「生産性」という問題は計り知れません。僕自身も現在の仕事の在り方や向き合い方に悩みもがいている所です。先日ビジネス関係のYouTubeを見ていたら「マコなり社長」さんと言う方に出会いました。現在30歳で200名を超える社員を抱える株式会社div(コーポレートサイト:https://di-v.co.jp/)の社長さんでした。

マコなり社長さんは一般的に見てとても成功された方だと見えます。しかし、その裏では人生にもがき苦しみ、そして「イマ」を手に入れた方でした。そんな方がYouTubeで「オススメ本」として紹介していたモノになります。

本の帯には「ITエンジニアに読んで欲しい!」と書いてありますが、すべてのビジネスパーソンに当てはまる内容だと思います。僕もまだ読んでいる途中ですが、スタートからココロにグサグサと刺さる言葉が並んでいます。「圧倒的に生産性の高い人」「知的生産」

もし、圧倒的になりたい願望があれば 一度手に取ってみる事をオススメします。

プログラミングを学びたいけど、どうしたら良いかわからない!

最速でプログラミングを覚えたい方は[TECH::EXPERT]がオススメです!!

0

コメント