そうだ!1級整備士になろう!第一章「電気回路」Vol.03-02

学びの部屋
0

スポンサードサーチ

内部抵抗の影響[ 1 ]

たっちん
たっちん

前回の続きです。

次は問題が少し変わるので文章を良く読んで理解しないと!

それでは勉強開始ですw

解説

◎内部抵抗による影響

①電圧計は、電圧を指示または表示する構造上、必ず内部抵抗を持っている。回路に使用されている抵抗に対し、電圧計の内部抵抗が極めて大きい場合は、内部抵抗による影響はほとんどない。逆に、回路に使用されている抵抗に対し、電圧計の内部抵抗が小さいか、あるいは同程度の場合は、内部抵抗による影響が大きくなる。

スポンサードサーチ

問[2]「不適切を探せ!」

表にある直流電圧計の性能を有するサーキット・テスタを用いて、図の電圧Vを測定したときの記述として、不適切なものは次の1から4のうちどれか。ただし、電圧レンジは最も適切なレンジを使用したものとする。

レンジ分解能確度入力抵抗最大入力電圧
50mV0.001mV0.05 + 10100MΩ1000V DC
500mV0.01mV0.02 + 2100MΩ1000V DC
2400mV ※0.1mV0.02 + 2100MΩ1000V DC
5V0.0001V0.025 + 511MΩ1000V rmsAC
50V0.001V0.03 + 211MΩ1000V rmsAC
500V0.01V0.03 + 211MΩ1000V rmsAC
1000V0.1V0.03 + 211MΩ1000V rmsAC

NMRR:80dB以上 50/60Hz  ※2400mVレンジの最大有効表示 24000 ただし50mVレンジは70dB以上 50/60Hz ±0.1%

CMRR:120dB以上 50/60Hz(Rs=1kΩ)

応答時間:1秒以内


電圧計Vの表示のうち、小数点以下4桁目の数値が変化している場合(例;4.3041V~4.3045V間で変動)は、へんかしていない小数点以下3桁目までを測定値として用いる。

たっちん
たっちん

前回の問題でも出た内容だ!変動数値の桁は切り捨てるから、この場合は4.304Vが測定値になる。答えは「適切」


スポンサードサーチ

図の電圧計Vは約2.6086Vを表示する。

たっちん
たっちん

電圧計は、5Vレンジを使用するから、表より内部抵抗は11MΩとなる。電圧計を接続すると、1MΩと11MΩの並列回路が出来上がるから合成抵抗Rを求める。

たっちん
たっちん

合成抵抗が出たから、次は電圧計Vの表示値計算!

たっちん
たっちん

問は約2.6086Vと言っていたので答えは「不適切

今回の問題の解答は「2」だ!

今はテストでは無いので残り2問も解いてみよう


図の状態からコネクタⒶを外した場合、電圧計Vは約4.5833Vを表示する。

たっちん
たっちん

コネクタⒶを外すと、1MΩと11MΩの直列接続回路になる。

だもんで、電圧計Vは{11MΩ/(11MΩ+1MΩ)}×5V≒4.5833V

になる。答えは「適切」


スポンサードサーチ

電圧計Vno表示が4.0000Vであったと仮定した場合、真の電圧は3.9985V~4.0015Vの範囲にある。

たっちん
たっちん

テスターレンジが5Vを使用しているので、表より確度「0.025+5」になる。

readingで4V×0.025%=0.001Vでdigitで0.0005Vとなる。

合計すると、0.001+0.0005=0.0015Vとなるので、真の電圧は3.9985~4.0015Vの範囲となる。よって「適切」になる。


まとめ

たっちん
たっちん

前回の時は全くもって意味が分からなかったけれど、今回はすこーしですが答えの導き方が見えました。2級整備士でもそうでしたが何事も練習あるのみですw

次回も引き続き「内部抵抗の影響」の問題練習ですが、出題方法が大分変わります。覚える事は山ほどですが、毎日コツコツ勉強して「1級整備士」を目指したいと思います(`・ω・´)b

オススメの工具

自動車整備と言えば「ラチェット」ですが、この「伸縮式首振りラチェット」は現場での仕事がかなり捗ります!!最近の整備車両は軽自動車がメインとなって、ボンネットのスペースがほぼ無い!そんな時にこの工具があったおかげで助かった事は数知れないです。仕事で使っていると工具は消耗品になります。値段も手ごろなので万が一破損しても再度購入しやすいのが魅力です。

0

コメント