タツヤの整備

フォグランプのLED化とイエローバルブについて

こんばんは、ゼニタツです!

本日は物議をカモしだす、イエローバルブについて

人によってはバラバラな解釈なのでしっかりと理解しましょう!

フォグランプのお悩み

・フォグランプが暗いから明るくしたい
・フォグランプをイエローバルブ化したい。

・黄色のフォグランプは車検NG!?

・フォグランプが暗い理由

最近のフォグランプはLEDが主流になっています。一見して明るいですが諸々の法規制をかいくぐる事とヘッドライトの照射と被らない範囲を照らす事を目的として設計されているため運転席から見えるライト光は暗く見えます。実際にはめちゃくちゃ凄い技術で良い塩梅にセッティングされているんですけどね。あとは悪天候時に白色は見えにくいです。そこで黄色のフォグランプの登場です。

・黄色のフォグランプについて

人によっては黄色のフォグランプは車検NGって言われるけど、そんな事は無いのでご安心を(※詳細は次項)

・フォグランプの目的

漢字で書くと「前部霧灯」ですので、霧などでヘッドライトを照らすと乱反射して見えづらい時にフォグランプを使用して視界を確保するのが目的です。よくラリー車なんかには沢山ついてますよね。ラリーは視界が悪い状況で限界の走りをするのでフォグランプは無くてはならないです

(参考動画)

・車検合格の理由:保安基準より抜粋

(前部霧灯) 第 121 条 前部霧灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準第 33 条第2項の告示で定める 基準は、次の各号に掲げる基準とする。 一 前部霧灯の照射光線は、他の交通を妨げないものであること。 二 前部霧灯は、白色又は淡黄色であり、その全てが同一であること。 三 前部霧灯は、前各号に規定するほか、前条第2項第4号及び第5号の基準に準じた ものであること。

国土交通省HP

ちなみに、白色の定義ですが良くLEDの色やホワイトバルブを想像されます。

車検の基準としての白は「一般的なハロゲンランプの色」です!

あれ?それって淡黄色じゃないの?と言われますが、あれが「白」なんです!

なぜなら平成17年12月31日以降の販売車からは「白のみ」という基準になってるからです。

LEDイエローフォグランプ オススメ2選

Amazon、楽天の売上No1.!!

fcl.エフシーエル

「 売れています 」

・日本最大級クルマSNSサイトみんカラ1位

・Amazonベストセラー1位(複数商品で獲得)

・楽天市場ランプ・レンズ1位(HID部門)

ヘッドライトの光を変えて見た目もオシャレになりました。

その他にもプロの整備士さんも愛用していただいており、

専門業者との取引は6,000社にも及びます。

プロの方から個人の方まで愛用して

いただいているのがfcl.エフシーエル になります。

実用性のあるLEDヘッドライトを広める。

日本ライティング

 【日本ライティングの特徴】

1.日本工場で製造している唯一のメーカー

2.ディーラーオプションに採用された唯一メーカー

3.国内有名メーカーにOEM品を提供していた実績

4.ハロゲンバルブの製造から今日まで続くライト市場を長年支えたメーカー

※老舗中の老舗となります。

現在この2つのショップのLEDフォグランプがオススメになります。

折角変えるなら、人と一緒は嫌だというワガママさんにもオススメです(^^♪

是非お試しください♪

SNSでのレビュー

fcl.エフシーエル はTwitterでも人気です(^^♪

日本ライティング はTwitterやみんカラで人気です(^^♪

https://twitter.com/yutarocksteady/status/1224340216464302080

まとめ

今まではハロゲンからの交換部品としてHIDが主流でした。バルブ・バラストが別体式から始まり、バルブ・バラスト一体型が生まれ、そしてLEDに切り替わっていきました。

最初は、LEDは実用性が無くファッション性重視の代物でしたが現在は、HID並の明るさを実現しています。 雪が降る地域のオーナー様以外では、フォグランプにLEDを取り付けることは 明るさ、熱、取付け面など多くの項目でHIDよりも優れていると思いますので、おすすめです。

それではこの記事はここまで!

フォグランプ変えたいなという方の参考になれたら嬉しいです(*’ω’*)

( ´Д`)ノ~バイバイ