ルーミーM900A 走行中にTVを見たりナビを操作する簡単な方法

この記事は約4分で読めます。

それでは講義を始めます。

こんばんは、ゼニタツです!

大人気の走行中TV見れるシリーズ第二弾

今回の車両はトヨタ・ルーミー(M900A)です。

最近流行りのコンパクトトールワゴン

Dさんでは出来ない、走行中のなんちゃらが出来ないかと

困っているオーナーさんも多いと思い

この記事をご用意しました。

スポンサーリンク

準備

  • TVキャンセラー
  • 内張りはがし
  • +ドライバー
  • −ドライバー

今回はこちらの純正ディーラーナビのNSZT-Y66Tが対象になります。

お値打ちなのに結構性能が高いナビだと思ってます。

それでは早速取り外して行きましょう。

作業開始

手順1

シフトをニュートラルにします。

パネル取り外しの時に楽になりますよ。

手順2

ノブのロアカバーとCクリップを取り外し

シフトノブを取り外します。

パーツが小さいので無くさない様にしましょう。

小さいけれど重要なパーツです。

手順3

オーディオパネルの取り外しに入ります。

ルーミーのパネルはクリップのみなので工具は不要です。

コツは右下に手を掛けて引っ張り

だんだんと全体を外していく感じです。

パネルが浮くけどしっかりと外れないです。

パネル裏についているカプラーを取り外してください。

全て取れると、オーディオパネルが外れます。

ここまでくればあと少しです。

頑張りましょう。

手順4

ナビ本体の取り外しに掛かります。

写真の丸印のネジを4本取り外しましょう。

ここで大問題発生しました。

写真下側のロックボルトの工具が無いとオーナー様よりお話が入りました。

ここで裏技をコッソリご紹介します

ご用意して頂くのはこちらです。

この様に薄手の−ドライバーを用意いただければ

簡単に取り外しが可能です。

\悪用厳禁/

ロックナットの意味って(;^_^A

これで無事にナビが取り外し出来ます。

今回の本題は次からです。

手順5

ここからはTVキャンセラーの取り付けとなります。

間違えた配線を取るとナビが初期化する

可能性がありますので

注意して下さい。

ナビ裏のカプラーで

車速とパーキングの信号を取っている

灰色のカプラーを取り外します。

そこに用意したTVキャンセラーを取り付けます。

ワニ口はナビのネジと共締めでアースがとれます。

併せて走行中にナビ操作が可能に出来るON⇔OFFボタンの取り付けを行います。

スイッチはハンドル左側のスペースに設置しました。

配線はチルトステアリングを下げて空いたスペースから

ナビ裏まで通しました。

これで必要な作業が終了しました。

あとは外した逆の手順で組み上げるだけです。

※この後、走行テストをして頂いた時にパーキングエラーが出るナビがあります。

その際には取扱説明書をご覧頂き設定を変更してください。

まとめ

この車両はとても作業性が高く

DIYにはもってこいです。

それでも無理は禁物です。

自分じゃ厳しいと思った方は

オススメの出張整備サービス「Seibii」さんを頼って下さい♪

希望の場所に希望の時間に来てくれます。

部品についても自分で用意する必要がありません。

それでは、本日の講義は終了します。

お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました