デュアルセンサーサポートのエーミングをやってみた

この記事は約2分で読めます。

車屋界隈を賑やかにしている話題といえば

【エーミング】です。

エイミング(英:aiming)とは、エイム(英:aim)の動名詞で、狙っている様子を表す言葉[1]。スポーツやゲームなどの専門用語で使われている技術。 「当てたい時に当てたい箇所へ当てる能力」のこと。日本語で発音する際の「エイミング」や「エイム力」とも呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エイミング

最近流行りの「ぶつからないクルマ」のセンサー等の測定や調整をする事です。

エーミングをするには結構必要な工具や場所が必要で、それぞれが高いです。

今後の車検制度や板金・塗装、故障修理の際にはユーザーにもメカニックにも

結構な負担が発生する分野になります。

とは言え、自動軽減ブレーキ装置のおかげで助かった人も多いと思いますので

悪口ばっかり言っていてはダメですよ。

 今日はスズキのアルトのエーミングに挑戦してみました。

スズキ車の中でも何種類かありますが、今日はデュアルセンサーサポートになります。

メーカーから出ている特殊工具は不要ですが、自分でターゲットの作成をしないといけないので、ちょっとだけ面倒でした。

自作のターゲットはこちら

このターゲットは整備書のデータをコピーするのですが、そのままのコピーだとダメで決められたサイズに拡大しないといけません。サイズ合わせに使用した紙の数は10枚。

勿体ない(泣)

そんなこんなで、セッティングも終了したので「いざ!エーミング開始」

とコンピューター診断機を繋いでデータを確認した所。

「こちらのコントローラーでは、自己診断・品番表示のみとなります。」という切ない文章がありました。

別のスタッフがワゴンRで以前やっていたので、出来るモノと決めつけてやってみた所

「玉砕」しました。

仕方がないので、ディーラーさんにお願いをして完結させるとします。

セッティングには20分ぐらい費やしたので、成果があげれなかった無駄は計りしりません。

これからの整備士の仕事は「エーミング」が主軸になると思います。

これから活躍したい人は、一足先にエーミング整備に触れて下さい。

現場からは以上です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました