細い道の通り抜けは注意して下さいね。

この記事は約2分で読めます。

ブログとYouTubeの収益で「車屋開業を目指す」たっちん(@ta2ya_souaya_ch)です。

本日の修理車両はこちら

トヨタ ヴィッツ

車検でのご入庫でしたが、細い道ですれ違いをした時にやってしまったようです。

ドアミラーウィンカー

こんな小さなパーツですが、灯火装置に該当するので破損していると車検に通りません。

ボディ最外側に取り付けた弊害ですね。

それでは早速作業に取り掛かります。

①ミラーレンズを取り外します。

この修理で一番緊張する工程です。ミラー部分は爪で引っかかっているだけなので、レンズ下部を掴んで手前に引っ張るだけです。取れる瞬間は「バキッ」っととても大きな音がするのですが、ビビらずにしっかり引っ張って下さい。

②アジャスターを取り外します。

この車両はビス4本で止まっているだけなので、ドライバーで外します。

③アウターカバーの爪が見えるので、爪を外してアウターカバーを取り外します。

年数が経つと樹脂が割れやすいので注意して下さい。

④カバー裏側
⑤ミラーウィンカーを外します。

ようやく今回の獲物に到着。こちらを外す時も爪の割れにご注意ください。

⑥新・旧比較

あとは逆の手順で組み上げて行きます。

⑦完成の図

組みあがったら、動作確認をして作業終了です。

皆さんもミラーウィンカー付き車両に乗られている方は無理な幅寄せなどはせずに

マージンをしっかり取って運転しましょう。

現場からは以上でーす♪

スポンサーリンク
クルマ
達也をフォローする
主夫メカニック ブロガー×YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました